おもしろびと

平成21年12月号 第8回 ゆりクリニック 山本さゆりさん

Profile

山本 さゆりさん 
ゆりクリニック 院長

〒470-2101
愛知県知多郡東浦町森岡字前田16-1
電話 0562-82-3337
FAX 0562-82-3339

http://www.yuri-clinic.com/

町医者に

近所のおばちゃんの先生になりたいと以前から思っていました。そのためには、浅く広く医療を身に付けるだけではいけないと考え、医師としての経験を積み、専門医となり、学位研究もしてきました。長年の勤務医を経て、最後の勤務先が長寿医療センターでした。そろそろおばちゃんの先生(開業)になれるかなあと考えていたところ、長寿医療センターの近く東浦とご縁があり平成15年に開業しました。

勤務医時代に『女の先生だと話しやすいわ』と患者さんに言われたこともよくありました。女性ならではの視点で自身の経験を生かし、地域社会に貢献できたらと願っています。

仕事と子育てのコツ

全部完璧にやろうとすると大変です。だから上手に手を抜くことです(笑)。常に全部自分が指示を出す状態では大変なので、相手を信頼して『ここは任せるからね』というふうに。そういう“手抜き”です。私も『自分が』という時がありましたけど、それではいけないと思ったし、これは心の底から信頼しないとできない。

子供も同じです。信じてもらっているというのを子供が感じると、自覚ができてくるような気がします。子供が小さかった頃、なぜ私は毎日この言葉を繰り返さなきゃいけないんだろう、と思ったことがありました。しかし、違うんだ、毎日繰り返すことがお母さんの仕事なんだと、そう思ったら怒る気もなくなって。そのうちに、言わなくてすむようになってきました。
私も忙しくて忘れることがあるので、お互いメモを貼るなど気をつけています。お母さんが働いていると、子供もいろんな経験をします。今だから笑える失敗談もありますよ。

歴史と文化

ロータリーに入って2年目に、乾坤院で薪能の企画をやりました。この事業で、自分は日本人であるということを改めて感じましたし、歴史ある文化を若い人たちにも伝えなければと思いました。

参加された方々もすごく感激され、本当の文化とはこんなに素晴らしく、国籍に関係なく伝わるということを知りました。子供たちに、こういう歴史ある民俗なんだと知ってもらいたいし、国際社会と言われていますが、まずは自分たちから日本を知らなきゃいけないですね。

東浦について

温故知新という言葉があります。歴史のある町ですから、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知ることにより、よい町になるのでは。お年寄りを敬い新しい命を育てる、という古きよき日本人としての生き方を、みんなができる町になるといいなと思います。

 | おもしろびと一覧 | 

東浦イベントカレンダー

東浦のお役立ち情報

東浦に関する情報をお待ちしています!

おすすめ情報

社会福祉協議会会員募集

しゃきょう広報バックナンバー

東浦アートプロジェクト

産業まつり

にじいろフェスタ

商工業展

まがりかど快賊団

東浦町盆踊り