おもしろびと

平成25年10月号 第49回 うなぎ専門店仁や 水野尊仁さん

Profile

水野尊仁さん
うなぎ専門店仁や 店主

〒470-2101
愛知県知多郡東浦町森岡上半ノ木68-2
電話 0562-84-5888

http://jinya0423.com/

衝撃のうまさ

親の知り合いからやってみないかと声をかけられたのがきっかけでこの世界に入りました。修行先は浜松市のうなぎ専門店八百徳。若かったので修行がつらいとかそういうイメージもなく、全く知らない土地へ19歳で一人暮らしを始めました。修行に入る前、電車に乗って一人で店へ食べに行ったんですよ。そしたら「鰻ってこんなに美味しいのか!」とびっくりするぐらい衝撃を受けました。おひつの鰻茶漬けだったんですけど、はんぱねーなって。そのうまさではまりました。まわりからは『絶対続かないだろう』なんて言われたので、じゃあ続けてやろうって(笑)。入ったら楽しくなってきたんですね。

八百徳は大きい店で、板前もたくさんいる有名店。浜松は鰻を背開きにして蒸し、たれに付けて焼きます。名古屋では関西風で蒸さずに焼き上げますね。食べることは好きで、今でもよく食べ歩きます。鰻屋へ行くことが多いんですけど、店ごとにたれも違うし焼き方に違いがあります。

最終的にはこっちに帰ってこようと思ってたので、10年が過ぎた頃から独立を考えはじめ、14年目に東浦で開業しました。鰻は浜松から送ってもらい、翌日に出せるよう常にストックしてます。鰻屋に欠かせないのは井戸水。かけ流しで使うので普通の水道水では難しいし、井戸水がないと始まらない。この店を建てる前、1番最初に水が出るか掘って調べたんですよ。たぶんどこの鰻屋も井戸水を掘ってると思いますけど、うちは50m以上掘ってようやく水が出ました。

気軽に美味しく

家族連れやグループで店を利用してもらうことがありますが、中には鰻が苦手というお客様もいらっしゃるので、メニューに刺身定食を加えました。昼膳は季節の小鉢と茶碗蒸しをつけて出してます。コース料理もありますが、金額さえ設定してもらえれば、それなりに合わせてメニューにない料理も出します。

単品で変わってるところですと、刺身にできる生の鰻を軽く湯通しする湯びきや、向こう骨という関東風独特の背開きをした時に出る腹骨で、から揚げにして出します。
店構えから堅苦しい店だと思われてますけど、そんなことはないので気軽に来てもらえるのが一番いいかな。町内の方たちには宴会などで使ってもらってますし、いろんなお客さんに来てもらいたいです。

せったち(せっかくだから立ち寄りたい)マップに参加させてもらってて、メンバーは面白い人たちばかりです。昨年は店の前のイケメン通りでハロウィンの仮装行列があり、子供たちがたくさんお店に来てくれました。僕はイベント好きだしハロウィンは年に1回しかないので、できればもっと盛大にやってみたいですね。お客さんのいる店内にハロウィン軍団がワーッと埋めちゃうのもありかな。もっと沢山の方に気軽に来てもらいたいので、例えばクリスマスのイルミネーションやイベントなど、そういう企画があればぜひ参加したいと思います。クリスマスはこの通り全部、電柱から木から全部に飾りたい。たくさんのお店が一緒に町を盛り上げられるといいですよね。

 | おもしろびと一覧 | 

東浦イベントカレンダー

東浦のお役立ち情報

東浦に関する情報をお待ちしています!

おすすめ情報

社会福祉協議会会員募集

しゃきょう広報バックナンバー

東浦アートプロジェクト

産業まつり

にじいろフェスタ

商工業展

まがりかど快賊団

東浦町盆踊り